花籠を持つ手のブローチ

ヴィクトリア朝、喪服の装飾として使用されたボグオークのブローチです。まるで天女の手のような美しい指先が花籠を捧げ持っています。ヴィクトリア朝のモーニングジュエリーとしては、ヴィクトリア女王が身につけられたジェットが有名ですが、ジェットは産出量が限られていたため、その代用として様々な素材が用いられました。ボグオークは、ジェットほど長い年月は経ていませんが、やはり数千年を経て樫の木が炭化したもので、見た目より軽く、質感もジェットに近いものです。「花籠を持つ手」はヴィクトリアンジュエリーの代表的な意匠で、サイズは幅約8センチです。

こちらの商品は店頭展示品のため、売り切れの場合がございます。また、古いもの性質上、汚れや傷もございます。どうぞご理解下さいませ。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパケット350円

    全国一律 350円

※20,000円以上のご注文で送料が無料になります。

ショップの評価

  • グレーと黄色の義眼

    グレーと黄色の義眼

  • 天使のステレオグラム

    天使のステレオグラム

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。